行政書士試験の秘訣・コツ・勉強法、ご紹介します。

行政書士試験について

 

法律の知識が得られる行政書士の国家資格

行政書士の試験は毎年11月に行われます。難易度は非常に高く、平均8~9パーセントの合格率とも言われています。ただ、法令や判例についてきっちりと抑えるべきところを押さえて勉強していけば、独学でも合格できる国家資格として人気があります。 平成24年度の合格率は、9パーセントを少し超えるくらいでした。例年に比べると好成績と言えるでしょう。行政書士試験の問題は5つの内から1つの回答を選ぶ選択式となっていますが、60問ほどの問題が毎年出題されるので、全てをカンで答えて合格できるようなものではありません。 しかし法令関係の問題の他に、一般知識のようなその年の時事問題について問われるものや、行政書士の職務の範囲についてなど普遍的な問題が全体のおよそ3分の1を占めていますので出題の傾向をあらかじめ予想した問題集などで対策を練り、取れる部分は確実に正解していきましょう。 行政書士の試験は法律関連の国家試験としては窓口が広く、比較的チャレンジしやすい試験と言えます。そのためサラリーマンやOLがスキルアップや転職のために仕事をしながら勉強を両立しているということも多いのです。実際に女性の受験生は年々増加しています。 1日に3~4時間ほど試験勉強の時間が取れるのであれば、早ければ半年、だいたい1年間の準備期間で試験に挑むことができるでしょう。行政書士試験は就職や転職、独立開業に有利に作用するだけではなく、自分自身にとっても大変有益な法律の知識が得られる資格です。

行政書士試験について