冷え性

疲れたときにはニンニク?すっぽん?

社会人になると、日々の仕事で疲れてしまいますよね?だからこそ働く人は「疲労回復に効果があるものは?」と日々考えており、中でも注目されるのが『すっぽん』と『ニンニク』です。
疲れたとき、本当に頼りになるのはどちらでしょうか?なかなか疲労が抜けきらない人向けに、双方の比較結果をお伝えします。
結論から言ってしまえば、『どちらも疲労回復には一定の効果が認められている』でしょう。
最近はすっぽんとニンニクの双方を配合したサプリもありますし、順当な結論ですね。

ただ、疲労にも種類があり、主に『肉体疲労』と『精神疲労』の2つに分けられます。
頭脳労働が増えた現代では精神面での疲弊に注目が集まりますが、忙しさゆえの不規則な生活による肉体面の負担も大きく、どちらも解消する必要があります。
そういう視点ですっぽんを調べると、『精神的な疲労を回復』する力がより大きいです。
たとえばすっぽんに含まれるアルギニンはリラックス効果があるカルシウムを補い、精神的な安定に寄与してくれるでしょう。

また、すっぽんに含まれる鉄分は血液をしっかりと脳に届けて気分を晴れやかにし、精神的な病気も防いでくれます。
精神的な疲労がうつ病につながるのは有名で、鉄分不足が多い現代の食生活を助けてくれますね。
それに対してニンニクは、『肉体的な疲労を回復』しやすいです。
ニンニクに多く含まれるビタミンB1はエネルギーを生成するために必要で、仮に糖質や脂質を十分に確保しても、ビタミンB1が欠乏すると体を動かすエネルギーに変換できないのです。

さらに抗酸化作用も確認されており、老化による体力の衰えもカバーできます。
「ニンニクはスタミナにつながるぞ!」というのは、肉体的な疲労を補う意味合いも含まれるのですね。
すっぽんもニンニクも疲労回復には必要で、どちらもバランス良く摂取するのが好ましいです。
ただ、ニンニクはともかくすっぽんは一般家庭ではなかなか取り入れにくく、サプリメントの活用も視野に入れましょう。
肉体も精神もしっかりと回復させれば、毎日が楽しくなりますね。