冷え性

すっぽんの摂りすぎは太る?

すっぽんは健康食品として評価が高く、「これならお腹いっぱい食べられるぞ!」と期待するかもしれません。
ですがどんなものでも摂りすぎが良くないように、すっぽんも「摂りすぎると太るのでは?」という懸念があります。
なぜこのような心配がわき上がったのか、そして実際はどうなのか…これらの点を詳しく見ておきましょう。
すっぽんが太ると心配されるのは、『コラーゲン』が関係しているでしょう。
コラーゲンといえば美容面で欠かせない成分ですが、たんぱく質に分類されるため、過剰摂取で肥満につながると思われるのです。

ですが、『たんぱく質は筋肉を作るために欠かせない』という事実をまずは理解しましょう。
人間は筋肉が増えるほど基礎代謝が向上し、脂肪が燃えやすい体になります。
たんぱく質を摂っても全く動かないなら話は別ですが、すっぽんを取り入れつつ運動をしたり、毎日の生活範囲内で動いたりしていれば、脂肪よりも筋肉に変換されるでしょう。
また、コラーゲンはたんぱく質に変換される前に『アミノ酸』へと分解され、不要な分は体が勝手に外へと出します。
しかもアミノ酸自体に『新陳代謝の活発化』があるため、摂りすぎても正常に排出しやすく、不安になるほどの懸念はないでしょう。

極めつけは、すっぽんの『カロリー』です。
この数値が高いほど肥満になりやすいですが、カロリー自体がとても低く、低脂質なことも相まって太る要素はほぼありません。
すっぽんを食べて太るというのは、想像を絶するほどの量を平らげないとありえないでしょう。
ただし、サプリメントで摂取するなら他の栄養分に注意が必要です。
味のために甘味を加えていると一気に肥満リスクが上がるため、可能であれば『サプリは余分なものをほぼ使っていないもの』にしましょう。

すっぽんは太らないどころか、肌の状態が改善されたり、精力が付いたりと男女ともに良い影響があります。
痩せる効果についてもすでに説明通りで、心配する必要はありません。
健康食としてもダイエット食としても優秀なので、ぜひ生活に取り入れてくださいね。
その際はにんにくすっぽん卵黄など、多くの栄養が取れるものが良いですよ。