冷え性

すっぽん料理とよく合うワイン

すっぽん料理は栄養価が高い上に美味しいと評判ですが、とくに栄養が詰まっている生き血を飲む場合、癖が強すぎて飲めないという人が多いでしょう。
そこで参考にしたいのが『すっぽん料理を食べる際に良く飲まれているお酒』です。
お酒と一緒に摂取することで生き血を飲みやすく、そしてほかの料理も美味しくいただきましょう。
生き血というのは、お世辞にも美味しいとはいえません。
とくに日本では血の滴る料理が好まれず、それなのに無理して生き血を飲むと気分を害するでしょう。
そこで役立つのが『ワイン』なんです。

実は『すっぽんの生き血を混ぜたワイン』が市販されているように、この組み合わせは大変相性が良いのですね。
とくに赤ワインは見た目の相性も良くフルーティな味わいの品種が多いため、生き血や料理の独特な味わいを緩和してくれるでしょう。
また、ワインが同時に楽しまれるのには、栄養価での相性も関係しています。
たとえばすっぽんには『アミノ酸』が豊富に含まれているのですが、ワインにも同じように保有されているため、相乗効果が期待できるでしょう。
アミノ酸が充足した場合、新陳代謝が活発化するので若さと体力が維持できますね。

さらにワインは『血栓予防』も可能なため、すっぽんの鉄分にて増えた血液をスムーズに体中へと届け、『血液サラサラ』の状態が長く続きます。
当然高血圧にも効果的であり、ワインとの組み合わせは『血液にうれしいコンビネーション』だといえますね。

ただし、ワインはお酒であるように「健康に良いからとたくさん飲んだら、逆に病気になった…」なんてことがあります。
すっぽんを使った料理とワインの相性が良いからこそ、飲み過ぎには注意して嗜むべきでしょう。
すっぽん料理とよく合うお酒としてワインを挙げましたが、実は日本酒などともマッチするため、予想以上に組み合わせは豊富です。
もちろん健康面でいえばワインが最適ですが、味に変化が欲しい場合、飲み比べても楽しそうですね。