冷え性

ロコモ対策にはすっぽんがおすすめ

最近は、ロコモティブ症候群…通称『ロコモ』への対策に関心が強くなっています。
日本では少子高齢社会が進んでおり、主に高齢者を悩ませる症状ですから、これは自然な流れですね。
そうしたロコモ対策に有効な食材として、『すっぽん』が注目されています。
なかなか一般家庭では見かけないかもしれませんが、どのような形で効果的なのか確認しておきましょう。

ロコモの主な症状について説明すると、『変形型関節症』や『猫背』、『骨粗しょう症』といった『運動機能に関わる部分の障害』が目立ちますね。
その原因は先ほども触れたように高齢化が関わるため、「年齢を重ねたら仕方ない…」と諦める人も多いでしょう。

しかし、運動機能は日々のトレーニングで補えるように、『運動を助ける栄養を補う』ことでもロコモ対策ができるのです。
実際に、そうした対策を行っている人は高齢でも元気に動き回っており、それを助けるのがすっぽんなのですね。
まず、すっぽんには豊富な『カルシウム』が含まれています。
カルシウムといえば骨を作るために欠かせない栄養素で、骨が丈夫なら骨粗しょう症にもなりませんし、動き回ることもできるから『運動不足によるロコモ』が防げるでしょう。

さらに、すっぽんといえば『コラーゲン』もたくさん含まれています。
コラーゲンといえば美容効果にばかり注目が集まりますが、骨と骨の間に存在する『軟骨』に必要で、きちんと摂取すれば『関節に関わるロコモ』が予防できますね。
すっぽんにて運動ができる体作りが進めば、自然とロコモ対策につながります。
骨はそうした根幹部分を為す存在なので、高齢になる前から対策を行い、いつまでも動ける体を保ちましょう。

すっぽんにて栄養を補い骨を強くしても、運動しなければロコモ対策は進みません。
「骨が強くなって、動き回っても辛くない!」と感じたら、軽めの運動から始めてみましょう。
また、すっぽんは代謝も向上させるため、運動によるダイエットも進みます。
この事実を知れば、モチベーションアップにも役立ちますね。